■本校は全道唯一の普通科と水産科(海洋資源科)の併設校です        ■海洋資源科は全国から入学生を募集しています
     ■調理師コースでは卒業時に調理師免許が取得可能            ■寮には女子も入寮可能
 

緊急連絡

新しい連絡はありません。
 

 ■自然災害発生時およびミサイル等が発射された場合の対応について
自然災害発生時の対応について.pdf
ミサイル等の発射によって警報が発令された場合の対応について.pdf
(現に上記災害等が発生した場合は、上記「緊急連絡」において可及的速やかに連絡事項を掲載します)
 

お知らせ

平成31年度入学者選抜における、学校裁量についての実施予定および推薦入学者選抜における普通科の「推薦の要件」については、「入試関係」のページに掲載しています。
 

新着情報

 
来週の時間割(2年普通科)日誌
パブリックスペース
06/21 16:32
2年海洋資源科生産技術コースが刺網実習を行いました。日誌
パブリックスペース
06/21 10:40
吹奏楽部合宿日誌
パブリックスペース
05/31 10:06
植樹祭日誌
パブリックスペース
05/28 12:34
2年海洋資源科生産技術コースが総合実習を行いました。日誌
パブリックスペース
05/25 11:28
第1回 春季防災訓練日誌
パブリックスペース
05/21 12:57
長期乗船実習若竹丸入港日誌
パブリックスペース
05/11 09:42
2年海洋資源科生産技術コースがカキ養殖の実習を行いました。日誌
パブリックスペース
05/10 20:00
釧路入港岸壁のお知らせ日誌
パブリックスペース
05/08 12:35
清水港入港日誌
パブリックスペース
05/07 15:54

日誌

厚岸翔洋の教育活動
12345
2018/06/21new

2年海洋資源科生産技術コースが刺網実習を行いました。

| by 教職員16

2年海洋資源科生産技術コースが総合実習(刺網実習)を行いました。

(H30.6.19(火)5,6時間目)



 実習題目:刺網実習(操業・漁獲調査)











10:40 | 報告事項
2018/05/31

吹奏楽部合宿

| by 教職員05
5月25日(金)~27日(日)の3日間、ネイパル厚岸にて合宿をしました。

今年度、吹奏楽部は新入生3名を迎えて部員は12名となり、4年ぶりのコンクール出場に向けて練習に励んでいます。合宿では、いつもお世話になっている厚岸町吹奏楽団・団長の森脇さんをはじめ、楽団員の方々が指導に来てくださり、集中した練習に取り組むことができました。
コンクールまであと2ヶ月となりましたが、少ない時間を有効に活用してさらなる技術の向上をめざします。

10:06
2018/05/28

植樹祭

| by 教職員06
5月27日、厚岸町糸魚沢で「植樹祭」が行われました。



厚岸町主催で、
森林伐採が進んだ山に緑を取り戻そうと、
地域の方々が協力して植樹を行いました。

厚岸翔洋高校からは2年生51名が参加し、
土堀作業など力仕事に一生懸命取り組みました。




作業終了後は厚岸の名物カキフライやあさり汁なども振舞われ、
とても充実した1日になりました。



12:34
2018/05/25

2年海洋資源科生産技術コースが総合実習を行いました。

| by 教職員16


2年海洋資源科生産技術コースが総合実習を行いました。

(H30.5.22(火)5,6時間目)



 実習題目:ノギスの使用法、刺し網実習の準備











11:28 | 報告事項
12345

daily photos

ここでは厚岸の「今」をお伝えします
12345
2017/12/06

マグロまつり

| by 教職員21
 「キハダマグロ」2尾を3年海洋資源科全員で調理しました。この企画は5月に終えた長期乗船で生産技術コースの生徒が捕ったマグロを調理師コースの生徒たちが学んできた専門技術を生かし調理するというものです。1尾の重さは頭や内臓、ひれを取り除いた状態(パンドレスと言います)でも24kgも有り、重さを量るだけでも一苦労です。

一生懸命裁割しました。


1時間後・・・

さばいたマグロの一部

班ごとにいろんな料理を作りました

これから先マグロ1尾を調理することなどなかなか無いと思います。
生徒たちにとってとても良い思い出となりました。
15:02
2017/12/05

来年に備えて(天日干し)

| by 教職員21
この1年間漁業実習に使った救命胴衣を来年に備え、洗って天日干ししました。

「1年間ありがとう。また来年の生徒達も宜しくお願いします!」と心の中で語りかけながらの作業でした。
07:46
2017/12/04

骨まで柔らかい缶詰

| by 教職員21
このごろ町内の人に缶詰はいつ販売するのかと質問されます。答えは「来年の学校祭」です。みなさまぜひ来年もお越しください。その他に多い質問として「どうして缶詰の中身は骨まで柔らかいのか」です。簡単にご説明しますと。
①缶に魚と調味液を入れふたをする
②レトルト釜に入れて115℃80分加熱

③中身が少ない缶詰がないかチェック

②の工程で高温をかけるので柔らかくなります。レトルト釜は大きな圧力鍋だと思ってください。ちなみにレトルト食品のレトルトとはこのレトルト釜で加熱調理した常温保存可能な食品のことです。
07:51
2017/12/01

冬支度

| by 教職員21
先日、本校の公務補さんが花いっぱい運動(生徒が花を植えたプランターで学校敷地内を花いっぱいにする運動)で使用したプランターを片付けてくれました。

夏に活躍していた芝刈り機も、チェーンをつけて除雪機に早変わりです。

(芝刈り機の除雪モード)

除雪機も冬に備えます。これらの機械を使用して公務補さんは生徒が登校する1時間以上前から雪かき作業を始め、生徒たちの登校に備え安全を守ってくれています。
07:20
2017/11/30

寒い日の来校者(益虫)

| by 教職員21
仕事をしている最中、机上に赤くうごめく何かが・・・。ちょっとびっくりしましたがよく見るとテントウムシでした(外は寒いから暖かい場所に来たのかな)。テントウムシは昔から世界中で幸運や神などと結びつけられている虫で、理由は農作物につくアブラムシなどの「害虫」を食べる「益虫」として人々に感謝されてきました。翔洋高校に「幸運」を運んできてくれたのならうれしいです。この虫は敵に襲われると「死んだふり」や「臭い液」を出して敵から身を守りますが、赤くて目立つのに鳥などに食べられない理由は「苦虫を噛みつぶす」の語源の虫と言われているほど苦いため、鳥たちは食べないそうです。

08:28
12345

来訪者

47825
since 2017.10.02

北海道厚岸翔洋高等学校

住所:〒088-1114
北海道厚岸郡厚岸町湾月1丁目20
電話:0153-52-3195
   (職員室直通)
FAX:0153-52-3196
   (事務室直通と兼用)
 

お知らせ

このホームページは、北海道厚岸翔洋高等学校が教育利用を目的として運営している公式ホームページです。内容、写真等の無断転記、営業誌掲載をお断り致します。