■本校は全道唯一の普通科と水産科(海洋資源科)の併設校です        ■海洋資源科は全国から入学生を募集しています
     ■調理師コースでは卒業時に調理師免許が取得可能            ■寮には女子も入寮可能
 

緊急連絡

新しい連絡はありません。
 
ミサイル等が発射された場合の対応について
ミサイル等の発射によって警報が発令された場合の対応について.pdf
(現に発生した場合は、上記「緊急連絡」において可及的速やかに連絡事項を掲載します)
 

お知らせ

平成29年10月2日(月)
本校ホームページをリニューアルしました
 

新着情報

 
暴風日誌
パブリックスペース
10/24 07:51
赤ちゃんふれあい体験日誌
パブリックスペース
10/23 12:15
雨+バイオ棟=バケツ日誌
パブリックスペース
10/23 07:00
秋の訪れ①日誌
パブリックスペース
10/20 14:44
サンマ・サンマ・サンマ日誌
パブリックスペース
10/19 07:36

日誌

厚岸翔洋の教育活動
12345
2017/10/24new

暴風

| by 教職員21
 昨日は大変な風と雨でしたね。本校でも雨漏り対策でバケツを用意したり、ゴミ箱のふたの上にコンクリートブロックを置いたり、船を縛ったりまた、生徒を早めにそして安全に帰宅させるためにバスをチャーターしたり・・・いろいろと対応に追われ先生方も大変でした。翌朝(つまり今日)船の様子を見に行くついでに校舎の外を一周してみたら濡れた段ボールと軍手が駐車場に落ちていたぐらいで特段被害もなく安心しました。昨日のような場合には、このホームページの「緊急連絡」に随時情報が載っていますので、必ず確認してください。話は変わりますが昨日は暴雨風雨の中、海洋資源科1年26名による缶詰実習2回目でサンマ水煮を作ったのですが設備に不具合が起き、残念ですが生徒は缶にサンマを詰めて調味液をいれるところまでしかできませんでした。その後、原因が解消され設備が復帰したので先生方で巻締め(缶にふたをすること)、殺菌、缶ふきを終えたら19時を過ぎていました。そんなハプニング満載の一日でした。

ふたが壊れないようにブロックを乗せたゴミ箱


大きな水たまりのできた校舎裏
07:51
2017/10/23new

赤ちゃんふれあい体験

| by 教職員13
先日10月2日(3K)、本日10月23日(3F)は3年生対象の思春期講座、赤ちゃんふれあい体験を実施しました。
本日は悪天候のため残念ながら本物の赤ちゃんに触れ合うことはできませんでしたが、妊婦体験・人形を使っての抱っこ体験・オムツ替え体験などに生徒たちは自然とにっこり。
貴重な体験ができたようですね。
  

12:15
2017/10/23new

雨+バイオ棟=バケツ

| by 教職員21
 昨日は結構な雨が降っていましたね。そうすると本校のバイオ棟渡り廊下の継ぎ目から水が浸入してきます(朝10時には結構来てました)。雨漏りって原因となる場所が特定できないと直せないみたいで対症療法としてバケツの出番です。前からいろいろ水が入らないよう対策は講じてみたのですが残念ながら良くはなりませんでした。でもバケツやタライで雨を受けるなんて「ザ・昭和」の風景ですね。

07:00
2017/10/20new

秋の訪れ①

| by 教職員21
 翔洋高校で秋の訪れを感じた出来事を全3回の予定で不定期連載したいと思います(あくまでも予定です)。先日、夏の間潜水実習を行っていた本校プールの水を抜いたとの話を聞きつけ早速潜入してきました。扉を開けてまずびっくりしたのがその室温。前に行ったときが嘘のような肌寒さ(比較するなら8月23日の記事をお読みください)。注目のプールを見てみると水がない・・・。知ってはいましたがちょっと寂しい。階段で2階に上がり深さ5mの潜水用プールは改めてその深さを実感しましたが、高いところが苦手な私は柵につかまりながらの撮影でした。シーズン始めにプールに水を入れたり、そして今回は水を抜いたりそのほかの後始末などをいつもしてくれている本校公務補さんや事務の人たちに感謝しつつ、来年の夏を待ちたいと思いました。

14:44
2017/10/19new

サンマ・サンマ・サンマ

| by 教職員21
 なにかタイトルが村上春樹さんの小説名のようになってしまいましたが、いよいよ始まった缶詰製造実習のことです。本校では毎年厚岸漁協さんのご協力の下、厚岸産サンマで製造しています。今年は例年になく不漁とのことで原料確保ができるのか少しやきもきしましたが無事実習にこぎつけることができました。厚岸漁協さんいつもありがとうございます。今回は海洋資源科1年30名が写真のとおり包丁と同じ大きさ(およそ30cm)のサンマ30kgを水煮缶詰にしました。初めての経験なので生徒たちは戸惑っていましたがサンマの山と格闘し無事作り終えました。あと4回実習がありますが次回からは倍の量のサンマで作ります。来年の学校祭で販売する予定ですので楽しみにお待ちください。ちなみに私は「ハルキスト」ではありません。

※手頃な大きさのサンマ(写真左)と今回使った原料の一部(写真右)
07:36
2017/10/18new

山本耕史さん

| by 教職員21
 今年も「秋の火災予防運動」の季節がやってきました。この頃急に寒くなりストーブなど火を使うことも多く、また空気も乾燥してきましたのでみなさん火事に注意しましょうということで啓発ポスターを生徒玄関に貼り出しました。ポルトガルやスペイン、アメリカのカリフォルニア州などでは大変な山火事によって大きな被害が出ているようです。日本でも昨年末の新潟県糸魚川市の大規模火災や今年は築地場外市場の火災など誰もが被害者にそして加害者にもなり得るのだと思います。火災で幸せになる人は誰ひとりいません。生徒だけでなく我々も注意しなければいけないなと改めて思いました。ちなみにタイトルにあるように今年のポスターのモデルは山本耕史さんでした。なかなか凜々しい消防服姿ですね。

08:28
2017/10/17

ポスター

| by 教職員21
 生徒玄関に平成29年10月22日に行われる第48回衆議院議員総選挙のポスターが貼られています。これは近年、国政選挙における投票率が低下傾向にあり特に若年層の投票率が低いこと、また選挙権年齢が18歳以上に引き下げられてから初めての総選挙ということで「選挙期日などの周知」、「投票参加の呼びかけ」などについて啓発するものです。選挙権を持った生徒には権利として「投票」に行ってほしいなと思います。ちなみに本校では毎年9月に行われる生徒会役員選挙に本物の投票箱を借りてきて投票を行い、将来の選挙権行使に備えています。

※啓発ポスター(写真左)と今年の生徒会役員選挙の様子(写真右)
07:09
2017/10/16

あの歌の季節

| by 教職員21
  夏が終わり少しずつ寒くなって来た今日この頃。ふとこの時期によく聞くあの歌を思い出し、本校に訪れた「ちいさい秋みつけた」(探してみました)のでご紹介します。

※小さな紅葉(左写真)と「あったか~い」が入った本校の自販機(右写真)
08:26
2017/10/12

厚岸と言えば・・・

| by 教職員21
 東京などに出張に行ったとき、住んでいるところを話すとまず「カキだよね」と言われるほどカキが有名な厚岸町にある我が翔洋高校ですが、昨日カキのカゴ替え実習を海洋資源科2年生産技術コースの生徒12名が行いました。沖に吊してある養殖カゴを持ってきて貝を出し、付着した海藻などを丁寧に剥ぎ落とした後、新たなカゴに入れてまた沖に吊してきました。カキの養殖実習は代々その年の2年生を中心に受け継がれてきたものです。毎年、漁業後継の生徒がたくさん居るので作業していると「家でも散々やっているのに~」など悲鳴が上がるときもありますが、みんなと一緒だととても楽しそうです。とても厚岸らしい授業ですよね。ちなみに船が入るとゴメ(かもめ)がやってきますが、厚岸のゴメたちはとてもグルメでおいしいものを食べているためか丸々と太っています。
         
07:04
2017/10/11

学校見学会

| by 教職員21
 昨日、厚岸町内の中学1・2年生を対象とした「学校見学会」が開催され、総勢46名の中学生が参加してくれました。この行事は早くから本校の教育内容を知って興味を持ってもらい、毎年9月頃中学3年生向けに開催される「一日体験入学」参加につなげてもらおうと初めて企画されたものです。この日は同時刻に本校海洋資源科3年生が行う「水産クラブ校内発表会」も開催されていたため、体育館で発表を聞いてもらった後、食品化学実験室やバイオ棟、集団調理実習室などの水産科施設、普通科の授業風景や図書室を見学し終了しました。来年度以降の進路選択の1つに翔洋高校を入れてくれればいいなと思います。
 
08:17
12345

来訪者

5598
since 2017.10.02

北海道厚岸翔洋高等学校

住所:〒088-1114
北海道厚岸郡厚岸町湾月1丁目20
電話:0153-52-3195
   (職員室直通)
FAX:0153-52-3196
   (事務室直通と兼用)
 

お知らせ

このホームページは、北海道厚岸翔洋高等学校が教育利用を目的として運営している公式ホームページです。内容、写真等の無断転記、営業誌掲載をお断り致します。